レイアウト調整

今週の説教

HOME » 今週の説教

レイアウト調整

説教(2016年9月25日)

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:天聖経(第12編 第3章 第4節 1.4.9)

1「心情」は、「心の情」と書きます。心の情がある所は、どこでも心情圏に属するのです。神様が人間を造ったので、神様の心情の流れが既にそこに内的に連結されているのです。

神様の愛の電気が通じるのが心情圏です。心情圏に対する体恤とは、その電気を「ああ!」と感じることです。心情体恤はどれほど強いかを感じることなのです。良いかどうかを感じるのです。心情園というのは、すべてのものが通じる内容をもっています。この心情圏に属さないものはないというのは、どこであろうと心情的電気が通じるということです。

4統一教会で言う心情とは、人類が共に願う希望の心情であり、万民が関係を結ばなければならない心情であり、神様が今まで探してこられた心情です。その領域においては天地を包括することもでき、全体を包んで余りある心情のことを意味しているのです。そのため、天の勇士になろうとすれば、第一に、この心情に通じなければなりません。その次に、愛が問題です。

9万民が平和の世界を望んでいます。その世界は、今日の世界の先進国が追求していく文化を通して成し遂げられるのではありません。真の父母を通して成し遂げられるのです。

真の父母がいくらむしろをかぶり、古びたふろしきを背負って、色あせて擦り切れた服を着ていたとしても、また千丈、万丈のくぼみから疲労困憊しながら出てきたとしても、堕落した人間は、その真の父母を中心として、神様の心情を学ばなければなりません。

統一教会は、心情の道理を教える所です。
皆さんは、神様の心情に接ぎ木しなければなりません。

カテゴリー:今週の説教 - 16/09/28掲載

説教(2016年9月18日)

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:天聖経(第8編 第4章 第1節 16-18)

16皆さんは、自分自身を知りませんでした。そうこうするうちに、み旨を知るとともに、自覚の心情をもってこの門をたたいてきました。皆さんは、「歴史を経て、時代を過ぎて未来を開いていく私だ」ということを自覚しなければなりません。自分自身で自覚しているようですが、実際は神様が私を自覚させているのです。

17どのような自覚をしなければならないのでしょうか。世界を代表した自覚をしなければならないのです。 男性も世界を代表した自覚をしなければならず、女性も世界を代表した自覚をしなければなりません。歴史的な勝利の祭物にならなければならないという自覚、時代的な勝利の主体にならなければならないという自覚をしなければなりません。

メシヤの命を奪ったので、自覚しなければならない立場において、亡くなったその方の前で私が死んで蕩減し、その方の哀れみが私に及ぶことによって、彼と共に復活の栄光に参与しようという心をもたなければなりません。そうでなければ、天国に入ることはできないというのが原則なのです。

18自覚です! 堕落とは、個人を中心として自覚したところから出発しました。今からは、蕩減復帰して、自分を中心としたものではなく、神様の家庭を中心とした自覚がなければなりません。そこから新しい理想世界が生じるのです。そのようにするには、血統が問題です。人類はそれを、今まで知りませんでした。先生が地上に現れ、詳細に解明してあげることによって、初めて分かるようになりました。

 そのようにして理解した自分は、自分の存在圏と関係がありません。革命的にひっくり返して、新しい父母を中心とした新しい家庭が出てこなければならず、その家庭は、今のように個人を自覚した立場で堕落したものとは違います。これは、公的な自覚の上に立っているので、心と体が争うことがないのです。

カテゴリー:今週の説教 - 16/09/21掲載

讃美礼拝(2016年9月11日)

■讃美した曲目

全聖歌隊 「喜び」

全体讃美 聖歌59番「朝は小鳥の」
渋谷グリーンハーモニー 「主よ 感謝します」
天花合唱団「何か良いことあるでしょう」

成和bloom 聖歌2部17番「I’ll Never Leave You」
渋谷グリーンハーモニー 「使命」
合同讃美 「Tears」

全体讃美 聖歌5番「勝利者の新歌」
全聖歌隊「母なる祖国に祝福あれ」

カテゴリー:今週の説教 - 16/09/15掲載

説教(2016年9月4日)

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:天聖経(第10編 第2章 第3節 2.16.17)

2宗教の目的とは、万民が善の人になって、平和に生きていける一つの世界を成し遂げることです。平和の条件は、どこかの国際的な政治家たちの手によってできるものではありません。ですから、何かの政策や主義によって世界に平和が来る、というのは不可能です。さらに、軍事力によって世界の統一と平和が来る、というのは不可能なのです。平和の基点を発見できる根拠地、幸福の基点を発見できるその根拠地とは、皆さんが暮らしている家庭なのです。

16「世界平和家庭連合」を成し遂げることができなければ、平和世界は絶対に訪れません。家庭はそれくらい重要なのです。平和世界も家庭から始まるのです。家庭に家族が十人いれば、その家族十人がすべて一つにならなければなりません。一つになり、お互いが縦横に、前後、左右に立体的に和合するようになるときに、理想的平和の世界が訪れるのです。

17家族全体が喜ぶためには、祖父と祖母が和合しなければならず、父と母が和合しなければならず、自分たち夫婦が和合しなければならず、兄弟が和合しなければなりません。和合して互いに一つにならなければなりません。それでは、どのようにすれば一つになれるのでしょうか。「自分のために生きなさい」と言う時は、すべて分かれるようになっています。

 八人家族が一緒に暮らす時、八人家族が一つになろうとすれば、どのようにしなければならないのでしょうか。祖父と祖母も全体のために生きなければなりません。「自分のために生きなさい」と言えば、八つに分かれます。

一つになる方法は、お互いがために生きることです。祖母は祖父のために生き、祖父は祖母のために生き、父は母のために生き、母は父のために生き、夫は妻のために生き、妻は夫のために生き、また兄弟同士でも、兄は弟のために生き、弟は兄のために生きるのです。一つになれる秘法は、このように簡単です。ために生きる関係を結べば、その家には平和が訪れるのです。

カテゴリー:今週の説教 - 16/09/06掲載

説教(2016年8月28日)

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:天聖経(第4編 第3章 第3節 8)

8与えてくれる父母に対しては、「私」も返さなければならないので、孝行せざるを得ないのです。生命は、皆さん自身を中心として出発したのではなく、宇宙の根本から生じました。その宇宙全体がために生きる場にあるのですが、それを否定する存在は、なくならなければなりません。根源がないので、消えなければならないのです。

 人間は、ために生きるために生まれたというのです。ために生きるときは、愛の相対のために生きなさいというのです。父母のために生きるときは、その父母の愛を「私」が受けて、育ててあげなければならないので、年老いた父母ほど、ために生きなければなりません。そのようにすれば、自分の家庭が大きくなるのです。

 国を受け継ごうとするのであれば、夫婦同士で愛するよりもっと大きく、国のために生きる家庭にならなければなりません。そうしてこそ、その国が抱くことのできる家庭になるのです。家庭よりさらに大きな国、国よりさらに大きな世界のために生きなければなりません。その次には、より大きな世界である天地、天地よりさらに大きな神様のために生きなければなりません。

カテゴリー:今週の説教 - 16/09/01掲載
レイアウト調整

page_footbar
レイアウト調整
下の影