レイアウト調整
life
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 人生について
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

渋谷教会では、人生の疑問解決に、統一原理の受講をお勧めしています。

受講に関して、まずは左に表示されている電話、またはメールにてお問い合わせください。

どのようなご相談でも構いませんので、お気軽にご連絡ください。

 
それでは、人生について少しだけ、考えてみましょう。 

今、見ている世界だけが、人生なのでしょうか?

 

人間の生命は、夫婦が愛し合うことによって誕生します。
huhuai1
そして、私たちの人生は、母親の胎中から始まるのです。

 

人生の第1段階は胎中期間です。

 胎中では40週間、俗に十月十日といわれる期間を母親の中ですごします。

taichu

命を宿した母親たちに、「生まれてくる子供に何を望みますか?」と質問すると
母親の大半は「健康で、五体満足に生まれてくることです。」と答えます。
生まれてくる子供は、へその緒から全てを与えられる水中生活に別れを告げ、
自分で呼吸をし、自分の目で見て、自分の足で歩き、
自分の体を使って生活する地上へと出発します。
 

人生の第2段階は、地上生活期間です。

人間は地上に生まれ出て、約1世紀のあいだ地上で生活します。
chijo
 
人間の体を成長させ、機能を維持する為に必要なものは?
と聞かれれば、何と答えるでしょう。
もちろん、水や食物、そして適度な運動などが必要と答えるでしょう。
undoshokumotu
しかし、それ以上に必要なものがあるのです。
 
光や空気です。
hikari 
これらは当たり前に存在しており、普段あまり意識しないので、
なかなか思いつかないものです。
 
水や食物がなかったとしても、1週間ぐらいなら生きられます。40日断食も可能です。
しかし、もし、空気が無くなったら… 人間は15分で絶命します。
 
神様は、大切で重要なものほど、目に見えないように創られたといいます。
 
地上生活は、体を成長させるだけではなく、心も成長します。
人間の心を成長させる要素は何でしょう?
 
善なる行いが心を成長させますね。
seisou
でも、もっと必要な要素があります。
 

それが、真の愛です。

 
体に例えてみれば、愛は光や空気のような存在です。
心が正常に機能する為に、愛は絶対必要な要素ですが、
自分一人だけはで愛を受けられません。
愛は、誰かから与えられるものだからです。
私たち人間に、絶えず無条件に「真の愛」を注いでいる存在がいます。
その「真の愛」ゆえに、私たち人間は生きるのです。
 

人生の第3段階は、死後の世界です。

 
人間は誰でも、地上生活期間を終えれば死を迎え、「肉体」を失います。
sigo
この地上では、形のあるものは、いつかは無くなります。
 
では、「心」も無くなってしまうのでしょうか?
みなさまの心はhartどこにありますか?
 
・・・胸のあたりでしょうか? でも心臓と肺しかありません。
・・・頭のあたりでしょうか?でも、脳みそしかありません。
 
心は無形なので、どこにあると言えないのです。でも間違いなく存在していますね。
つまり、「無形の心」は、有形の肉体と共に無くなることがないのです。
 
実は、「肉体の死」は、無形世界への出発を意味します。
 
そして、「地上での生」を終え、心が霊の体となって、次の世界である無形世界、
すなわち霊界で生活するようになるのです。
 
 
このように人間の人生路程は三つの段階を通過するようになるのです。
 

それでは、人生の目的について考えてみると、

 
第1段階目、胎中期間の目的は、母体より生まれ出てたのちに生きる場所、
つまり「地上で生活」する為の健康な体をつくるということ。
 
第2段階目、地上生活の目的…
すなわち、今私たちが生きている地上での人生の目的を考えてみると、
地上生活を終えたのちに行く場所、
つまり「無形世界(霊界)で生活」する為の体を作るという事になりそうです。
 
jinseirotei 
霊界で生活する「霊の体」は、人間の心です。
 
地上生活をしている期間に、「真の愛と善の行動」によって
心を完成させなければなりません。
もし、心が完成せず無形世界に行ってしまうとどういうことになるでしょうか。
 
霊の体は、「愛」によってその機能を保ちます。
 
この愛は有形世界に例えると「光や空気」のような存在なので、
霊界は愛を呼吸して生きる世界なのです。
 
心が完成していないという事は、愛を呼吸できる機能がないということ。
つまり、子供が未熟児で生まれてしまい、呼吸器をつけなければ
自分で呼吸できない状態と同じです。
hoikuki
当然霊界では、愛の人工呼吸器などあるはずがありませんので、
呼吸できず相当苦しい状態だといえますね。
 
人間の心、すなわち「霊の体」は、肉体のあるうちに完成させなければ、
霊界ではかなり不自由な生活を強いられることになります。
 
 
私たち人間の人生路程を考えてみれば、

 夫婦が「愛し合う」事によって、生命が誕生し、

 地上生活で「愛の心」を完成し、

 「愛を呼吸」する世界で永遠に暮らすという、

 真の愛の人生路程ということですね。
page_footbar
下の影