レイアウト調整

今週の説教

HOME » 今週の説教

レイアウト調整

説教(12月30日)

宋ヨンソプ 総会長による全国インターネット礼拝でした

カテゴリー:今週の説教 - 12/12/31掲載

説教(12月23日)

■題目:いつも前進しなさい

■説教者:和田康伸 教区長

■御言訓読:創立以前の内的教会史(み旨と世界P.603~P.604)

当時先生は、頻繁に取り調べを受けながら、苦難の道を歩んでいました。先生の未来に果たすべき天宙的使命を知る者もなく、一人先生自身のみ、人知れず自分が何者であり、未来に何を成し、どこに行かんとしているかを知っていましたから、ひとたび天の前になした誓いと決意を不変のものとしながらここまで歩み続けてきました。

多くの人々が、一度は先生を信じて従いながらも、結局自己中心的な人であった場合、この道を歩むことに疲れ果てて、耐えきれずにこの運動から去っていきました。み旨のために自分なりの人生というものを完全に断念し、自らの命を捨てることのできた者のみ、最後まで先生について歩むことができるのです。

先生が四十年間で歩んだ公式路程を七年間で歩むというのですから、その圧縮された七年間は急速に駆け足で過ぎ去ります。ですから一点の間違いもなく、絶対的基準で行くべきです。

そしてこの期間において、個人のためだけでなく、家庭、氏族、国家、世界のために、心の張り裂けるような痛みと涙に満ちた体験をたくさんもつべきです。そのためには安易な道を願うのではなく、眠ることも忘れるほどみ旨に燃えた生活を送らなければなりません。

最低の所から出発して、毎日、前日より自分自身の心霊基準がより高められたことをはっきり自覚し得るくらい、確実に具体的に成長し、上がっていくべきです。

そういう実感は、自分自身が感じるだけでなく、瞬間瞬間にあなた方の成長を待っている霊界がそのように命じ、感ずるものでもあります。今後、先生の教えがさらに綿密詳細になり、より分析、整理されて、直接的、字義的に表されてくる時、そこまで実体的に真理を知ることのできるあなた方は、何と大いなる時に、黄金のごとく貴重なる時に生きているあなた方でありましょうか。

可能な限りの最短の時間圏内に、かくも膨大なる7000年分の路程を踏破した条件をもつことができ、神の歴史に偉大なる貢献をなす人物となり得る立場が保証されている時が、正に今なのです。

カテゴリー:今週の説教 - 12/12/26掲載

説教(12月16日)

■題目:基元節と私達の決意

■説教者:和田康伸 教区長

■御言訓読:天聖経(P.2411「天一国主人の生活」より)

神様を解放する真の父母

人類の解放とともに神様が解放される事を知らなければなりません。皆さんの家庭が解放される事は、家庭を失ってしまった神様の悲しみを私が慰労してさしあげる事です。

一族を解放させ、一族を失ってしまった神様の悲しみを慰労して、一国を私が建国し、神様が国を失ってしまった事から解放してさしあげなければならないのです。

先生の一生は、失ってしまった天宙を取り返して、神様の悲しみを慰労するという事です。私の願いはありません。私の考えはありません。絶対信仰、絶対愛、絶対服従するのです。「死になさい」と言えば直行します。死んでも戻ろうと思いません。

それで、神様を完成させて、神様自体を永遠にサタンから解放しなければなりません。自然監獄に閉じ込められたのと同じように、捕らわれの身になった事を解放する事ができる息子にならなければなりません。

それでこそ、家庭で解放されなかった恨を抱かれた可愛そうな神様が、終わりの日に世界と天宙で解放され、初めて自分の姿勢を備え、神様を中心とした家庭愛、氏族愛、民族愛、国家愛、天宙愛の法度を中心とした主権を立てる事ができるのです。

カテゴリー:今週の説教 - 12/12/19掲載

説教(12月9日)

天暦10月26日(陽暦12月9日)午前10時半から「基元節勝利のための連合礼拝」が韓国・天正宮博物館で行われ、インターネット中継を通じて韓国と日本のすべての教会が合同で礼拝を捧げました。

詳細はこちら

カテゴリー:今週の説教 - 12/12/12掲載

説教(12月2日)

■題目:不変の信仰とは

■説教者:宋ヨンソプ 総会長

カテゴリー:今週の説教 - 12/12/05掲載
レイアウト調整

page_footbar
レイアウト調整
下の影