レイアウト調整

今週の説教

HOME » 今週の説教

レイアウト調整

説教(12月28日)

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:天聖経(第4編 第3章 第3節 12)

12志と生活と行動には、心情が裏づけされなければなりません。歴史的心情、復帰的心情、創造的心情、汎人類的心情、このような心情を中心として、志と生活と行動が成されなければなりません。アダムとエバにおいては、蘇生、長成、完成の段階を経て、完成したのちにこそ心情問題が台頭してくるのです。

これから新しい時代における中心問題は心情です。神様の心情を中心として生活しなければなりません。神様の心情は、復帰の心情、創造の心情です。堕落がなかったならば復帰の心情はなかったでしょう。栄光の心情、見るだけで喜ばしい創造の心情だけがあったでしょう。ところが、堕落して復帰の心情が生じたのです。ですから、そのみ旨を果たさなければなりません。

皆さんが神様のみ旨を中心として、神様の理念を中心として、今まで復帰路程において悲しまれた神様の心情を解いてさしあげなければなりません。アダムとエバが神様のみ前に栄光の一日を成し遂げてさしあげられずに堕落したので、それを皆さんが成し遂げてさしあげなければなりません。復帰的な心情と創造的な心情をもって、神様のみ前に栄光の一日を成し遂げてさしあげなければなりません。

カテゴリー:今週の説教 - 14/12/30掲載

説教(12月21日)

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:天聖経(第11編 第1章 第2節 7)

7神様に侍った者として、皆さんは、うれしいとき、神様をどれほど喜ばせてさしあげましたか。皆さんは、おなかがすいたとき、御飯を食べながら感じる有り難み以上に、神様に侍ってさしあげなければなりません。皆さんは、良い物を食べるときや着るとき、そして、悲しいときや困難なときにも、常に神様に侍らなければなりません。そうして、神様の心に記憶される事情を残しておかなければなりません。

カテゴリー:今週の説教 - 14/12/24掲載

説教(12月7日)

■題目:全祝福家庭の責任と使命

■説教者:徳野英治 会長

■御言訓読:み旨と世界(「一心不乱一生懸命」より)

あなたたち、考えてみなさい。一年に死亡率が百分の一だと考えて、百人に一人死ぬと考えてみた場合には、36億のうち、3600万は一日に死んでいく。そうした場合に3600万人は地獄に行く。神から見た場合に大損害である。サタンから見た場合、大勝利である。一年早ければ、3600万が救われる。10年早ければ3億6000万人である。こう考えた場合に、世界にまで早くこれを宣べ伝えるのに、いかに忙しいかということが自然と分かるであろう。もう時間がない。神がいかばかりそれを願っているだろう。

カテゴリー:今週の説教 - 14/12/10掲載

説教(11月30日)

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:天聖経(第3編「真の愛」 第1章 第4節 44)

44人は、愛に酔って生きなければなりません。愛に酔って生きる人が幸福な人です。芸術家は、芸術に酔って生きます。文学をする人は、自分が構想する本を書くとか、ある名作に酔って生きます。そのような人は、幸福な人です。ですから、人間の四肢五体は、立体的な神様の理想的な愛に酔って生きなければならず、その方だけについていかなければなりません。

カテゴリー:今週の説教 - 14/12/03掲載
レイアウト調整

page_footbar
レイアウト調整
下の影