レイアウト調整

今週の説教

HOME » 今週の説教

レイアウト調整

説教(3月25日)

■題目:愛とは諦めないことである

■説教者:和田康伸 教区長

■御言訓読:ヨナ書(第4章6節~11節)

時に主なる神は、ヨナを暑さの苦痛から救うために、とうごまを備えて、それを育て、ヨナの頭の上に日陰を設けた。ヨナはこのとうごまを非常に喜んだ。

ところが神は翌日の夜明けに虫を備えて、そのとうごまをかませられたので、それは枯れた。

やがて太陽が出たとき、神が暑い東風を備え、また太陽がヨナの頭を照したので、ヨナは弱りはて、死ぬことを願って言った、「生きるよりも死ぬ方がわたしにはましだ」。

しかし神はヨナに言われた、「とうごまのためにあなたの怒るのはよくない」。ヨナは言った、「わたしは怒りのあまり狂い死にそうです」。

主は言われた、「あなたは労せず、育てず、一夜に生じて、一夜に滅びたこのとうごまをさえ、惜しんでいる。

ましてわたしは十二万あまりの、右左をわきまえない人々と、あまたの家畜とのいるこの大きな町ニネベを、惜しまないでいられようか」。

カテゴリー:今週の説教 - 12/03/28掲載

説教(3月18日)

■題目:元気でいなさい。よく暮らしなさい。よく闘いなさい。

■説教者:宋総会長

■御言訓読:原理講論(第7章キリスト論)

イエスと聖霊による霊的重生

父母の愛がなくては、新たな命が生まれることはできない。それゆえ、我々がコリント・一二章3節に記録されているみ言のように、聖霊の感動によって、イエスを救い主として信じるようになれば、霊的な真の父であるイエスと、霊的な真の母である聖霊との授受作用によって生ずる霊的な真の父母の愛を受けるようになる。

そうすればここで、彼を信じる信徒たちは、その愛によって新たな命が注入され、新しい霊的自我に重生されるのである。これを霊的重生という。

ところが、人間は霊肉共に堕落したので、なお、肉的重生を受けることによって、原罪を清算しなければならないのである。イエスは、人間の肉的重生による肉的救いのため、必然的に、再臨されるようになるのである。

カテゴリー:今週の説教 - 12/03/19掲載

説教(3月11日)

■題目:天的絆が信仰生活の要である

■説教者:和田康伸 教区長

■御言訓読:マタイによる福音書(第22章34節~40節)

さて、パリサイ人たちは、イエスがサドカイ人たちを言いこめられたと聞いて、一緒に集まった。
そして彼らの中のひとりの律法学者が、イエスをためそうとして質問した、

「先生、律法の中で、どのいましめがいちばん大切なのですか」。
イエスは言われた、「『心をつくし、精神をつくし、思いをつくして、主なるあなたの神を愛せよ』。

これがいちばん大切な、第一のいましめである。
第二もこれと同様である、『自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ』。

これらの二つのいましめに、律法全体と預言者とが、かかっている」。

カテゴリー:今週の説教 - 12/03/12掲載

説教(3月5日)

■題目:飢えのある信仰

■説教者:和田康伸 教区長

■御言訓読:み旨の道(信仰生活)

信仰は飢えのある信仰をもたねばならない。

カテゴリー:今週の説教 - 12/03/06掲載
レイアウト調整

page_footbar
レイアウト調整
下の影