レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(7月22日)

説教(7月22日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(7月22日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■題目:天との絆

■説教者:和田康伸 教区長

■御言訓読:ヘブル人への手紙(第12章5節~9節)

また子たちに対するように、あなたがたに語られたこの勧めの言葉を忘れている、「わたしの子よ、主の訓練を軽んじてはいけない。主に責められるとき、弱り果ててはならない。

主は愛する者を訓練し、受けいれるすべての子を、むち打たれるのである」。

あなたがたは訓練として耐え忍びなさい。神はあなたがたを、子として取り扱っておられるのである。いったい、父に訓練されない子があるだろうか。

だれでも受ける訓練が、あなたがたに与えられないとすれば、それこそ、あなたがたは私生子であって、ほんとうの子ではない。

その上、肉親の父はわたしたちを訓練するのに、なお彼をうやまうとすれば、なおさら、わたしたちは、たましいの父に服従して、真に生きるべきではないか。

カテゴリー:今週の説教 - 12/07/25掲載
page_footbar
下の影