レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(4月29日)

説教(4月29日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(4月29日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■題目:基元節に向けて信仰生活の核心

■説教者:徳野英治 先生

■御言訓読:マタイによる福音書(第12章31節~32節)

だから、あなたがたに言っておく。人には、その犯すすべての罪も神を汚す言葉も、ゆるされる。しかし、聖霊を汚す言葉は、ゆるされることはない。
また人の子に対して言い逆らう者は、ゆるされるであろう。しかし、聖霊に対して言い逆らう者は、この世でも、きたるべき世でも、ゆるされることはない。

「平和を愛する世界人として」(P70)

「宇宙主管を願う前に自己主管を完成せよ」これは、その頃の私の座右の銘です。先に身心を鍛錬してこそ、次には国を救い、世の中を救う力も持てる、という意味です。私は、食欲はもちろん、一切の感性と欲望に振り回されないで、体と心を自分の意志どおりにコントロールできるところまで、祈りと瞑想、運動と修錬によって自分を鍛錬しました。

そこで、ご飯を一食食べる時も「ご飯よ、私が取り組む仕事の肥やしになってほしい」と念じて食べ、そういう心がけでボクシングもし、サッカーもし、護身術も習いました。おかげで、若い頃よりもかなり太りましたが、今でも相変わらず体の動きだけは青年のように身軽です。

カテゴリー:今週の説教 - 12/05/02掲載
page_footbar
下の影