レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(3月25日)

説教(3月25日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(3月25日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■題目:愛とは諦めないことである

■説教者:和田康伸 教区長

■御言訓読:ヨナ書(第4章6節~11節)

時に主なる神は、ヨナを暑さの苦痛から救うために、とうごまを備えて、それを育て、ヨナの頭の上に日陰を設けた。ヨナはこのとうごまを非常に喜んだ。

ところが神は翌日の夜明けに虫を備えて、そのとうごまをかませられたので、それは枯れた。

やがて太陽が出たとき、神が暑い東風を備え、また太陽がヨナの頭を照したので、ヨナは弱りはて、死ぬことを願って言った、「生きるよりも死ぬ方がわたしにはましだ」。

しかし神はヨナに言われた、「とうごまのためにあなたの怒るのはよくない」。ヨナは言った、「わたしは怒りのあまり狂い死にそうです」。

主は言われた、「あなたは労せず、育てず、一夜に生じて、一夜に滅びたこのとうごまをさえ、惜しんでいる。

ましてわたしは十二万あまりの、右左をわきまえない人々と、あまたの家畜とのいるこの大きな町ニネベを、惜しまないでいられようか」。

カテゴリー:今週の説教 - 12/03/28掲載
page_footbar
下の影