レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(4月1日)

説教(4月1日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(4月1日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■題目:神の愛への強い確信

■説教者:和田康伸 教区長

■御言訓読:天聖経・真の愛(P384、P386、P387)

神様は私たちの父です。夜も昼も子供が侵害を受けないかと心配し、子供に何か問題が生じないかと保護してあげ、またある反対の用件が現れないかと防御してくれる父母です。そのような父母の本質を求めていく道が、善の道、愛の道です。人間は息子、娘として神様の完全な愛を受けなければなりません。

人間はなぜ神様が好きで、ついていくのでしょうか。神様は千年、万年すべてのものを与え、また与えても恥ずかしがりながら「今はこれしかできないが、もう少し待ちなさい。何百倍、何千倍もっといいものをあげるから」と言いながら、きょう与えることで満足するのではなく、未来にもっと多くのことを与えると約束する心をもっていらっしゃる方だからです。

神様は私たちに愛を与える時、限りなく与えようとします。神様はすべて与えても、「お前の中で生きたい」と言われます。そのようになる本質は、愛にあります。神様も愛の中に入れば、僕の暮らしをしてもいいと言うのです。愛は法を超越します。

カテゴリー:今週の説教 - 12/04/04掲載
page_footbar
下の影