レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(2017年2月19日)

説教(2017年2月19日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(2017年2月19日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:

真の父母経(第5編 第4章 第1節 10)

10私たちは、生きた資料を作るために苦労しなければなりません。1963年から五年間は、「勝利的主管者となろう」という標語を中心として活動しなければなりません。よく耐え、我慢してきたので、今から攻勢をかけましよう。今からは万物を復帰しなければなりません。

 皆さんを生きた教本にLようと思うのです。教会的な使命時代は過ぎ去り、民族を懸けた闘いが始まるでしょう。個人を中心とした家庭の時代が過ぎ、家庭を中心とした民族の時代が来るので、天を中心とした民族をつくらなければなりません。

真の父母経(第5編 第3章 第3節 7)

7皆さんは「私の誓い」を聖日ごとに唱えますが、それを習慣的に唱えてはいけません。この誓いで最も重要なのが五節です。神様を中心とした一つの主権を誇るのですが、一つの国にならなければなりません。ところが、なぜ多くの国になったのでしょうか。愛のゆえです。

愛によって、そのようになったというのです。今日、このすべてのものが、一つの愛の道を行けず、様々に枝分かれして自分だけを主張する愛に付いていったために、そのようになったのです。その愛の主人になれる人は、男性と女性です。

個人を愛し、家庭を愛し、国を愛し、世界を愛するという愛の標準が変われば、自然に分かれていきます。ですから、いつでも現世の人が重視されます。男性と女性が分かれることは、愛がないところから始まるのです。

カテゴリー:今週の説教 - 17/02/22掲載
page_footbar
下の影