レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(2016年4月17日)

説教(2016年4月17日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(2016年4月17日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:天聖経(第8編 第1章 第5節 5.15.18)

5神様が絶対信仰から始めたので、み旨を成就するためには、絶対信仰から始めなければなりません。絶対信仰は、絶対愛を中心としてしなければなりません。主体となるものが愛です。信仰は相対です。

ですから、皆さんは、愛を中心として絶対信仰、絶対欲望を望むのです。愛の目的は、大宇宙を出産することです。創造しておかなければなりません。ですから、絶対信仰です。大宇宙を生産していこうとするので、神様までも自分の実体、心と体のすべてを投入し、さらに投入し、永遠に投入しなければならないのです。

15地で堕落したので、地で抜け出さなければなりません。神様が複雑な状況をつくるのは悪いことではありません。どこに行ってもぶつかり、どこに行っても苦しむようにしておいたのは、汚れたものを取り除き、傷を取り出し、堕落性を早く脱ぐようにするためです。

環境が平坦でなければ、体にこびりついた垢をすべて剥ぎ取るかのように、殻をどんどん剥ぎ取るというのです。ですから、多事多端なほど、蕩減的解怨成就が早いというのです。

18統一教会の教会員たちは、み旨を信じて進むにときに、僕の時代と養子の時代と直系の子女の時代を経なければなりません。そのような三過程を経て、自分が伝道した人や自分に従う食口を、父母が子女のために死を覚悟して愛するように愛することができなければなりません。「私が犠牲になっても、私のあらゆる福をその人に譲り渡せれば感謝だ」という心が皆さんに自動的に起きてこそ、祝福を受ける息子、娘になることができるのです。

カテゴリー:今週の説教 - 16/04/20掲載
page_footbar
下の影