レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(2015年12月27日)

説教(2015年12月27日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(2015年12月27日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■題目:真の御父母様の祝福家庭に対する三つの願い

■説教者:徳野英治 会長

■御言訓読:

■真の父母経(第1編 第1章 第1節 14)

14真の父母は、真の愛と真の血統をもってきます。偽りの父母は、偽りの愛と偽りの血統をつなぎ合わせてきました。堕落していない本然の世界では、神様を中心として真の家庭を築かなければなりません。真の息子、娘の家庭を築こうとすれば、真の血統が連結されなければならないのです。真の父母の子女になろうとすれば、真の父母と血統が連結されなければなりません。

 「父母」や「子女」という言葉、「父」または「子」という言葉は、血統が連結されなければ、絶対に成立しません。それは、神様も分けることができません。サタンも分けることができないのです。

 ですから、成約時代を迎え、真の父母様による祝福結婚を通して、旧約時代と新約時代の失敗を蕩減復帰することができるのです。本然の基準である神様の真の血統につながれて、野生のオリーブ畑であっても真のオリーブ畑にならなければならず、真の愛を中心として、真の父母様と一体、一心、一念にならなければなりません。

■天聖経(第9編 第2章 第2節 15)

15先生が行く道は、その分野が皆さんより一段階先で、より広い国家的、世界的なだけで、内容は同じです。行く道においては同じなのです。先生は、キリスト教の反対を受けたため、氏族的メシヤの基盤がありません。

それで、それを探してこなければならないので、道で唐突に出会った通りすがりの人と同じ立場である皆さんを、先生の血族よりも、父母や妻子よりも、もっと愛してきたのです。皆さんも、信仰の息子、娘が皆さんの生命を身代わりして犠牲になれる立場に行くようにするためには、実の息子、娘を育てるよりも三倍以上苦労しなければなりません。

■天聖経(第9編 第2章 第3節 10)

氏族的メシヤを通して絶対血統を転換し、絶対所有権を転換し、絶対心情圏を転換した氏族が多ければ、国は自然に救われます。最後となるのです。きれいに清算されます。

 これは、自信満々に活動する「私」の手にかかっています。「私の活動いかんにかかってい
る」という自信をもって、出征するのです。私たちは、真の父母の息子、娘なので、真の父母が勝利した全世界を私たちが収拾し、父母が主張すべき所有権を私たちが父母の代わりに主張しなければならないことを自覚すべきです。それをすべてもらって、父母に連結するのです。それが国家復帰のための氏族的メシヤです。

カテゴリー:今週の説教 - 15/12/29掲載
page_footbar
下の影