レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(2015年12月20日)

説教(2015年12月20日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(2015年12月20日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:■天聖経(第9編 第3章 第5節 10.13)

10どのように伝道をすべきでしょうか。毎日のように、がむしゃらに歩き回るのではなく、百軒回ったらそのうちの十軒を選び、その中から再び一軒を選んで、集中的にみ言を伝えなければなりません。一カ月に一人伝道することを目標に動いてみなさいというのです。そのようにして一カ月で一人伝道したならば、その人が一カ月間、精誠を捧げ、苦労したということは、間違いのない事実です。

 ですから、一人が伝道されたのであれば、その次は伝道されたその人に、「あなたも自分の親戚に対して、私があなたにしたように精誠を尽くしながら伝道しなさい」と言わなければなりません。そのような伝統を立てて指導すれば、間違いないのです。このように、一カ月に一人ずつ伝道する一律的な方法で行けば、一人からその次の人につながる横的な伝道が展開し、食口が限りなく増えるのです。

13伝道に出るのは、「私」も生き、カインも生かすためです。言い換えれば、伝道は、神様とサタンに認証書をもらって、実践するために歩む道です。私が闘うのは、認証書をもらうために立てておいた条件のとおりに実践するためです。皆さんはそれを知って道を歩まなければなりませんが、今までそのように歩んだ人がいますか。何も知らずに行ったり来たりしたというのです。

 ですから、一番の怨讐はサタンではありません。自分が一番の怨讐です。自分が怨讐の立場に立っているので、怨讐のサタンが飛びついてくるのです。したがって、皆さんは、いつも自分が怨讐だと考えなさいというのです。怨讐は、私たちの体を通して現れるからです。すなわち、血統を通してサタンと連結されているので、自分の体が怨讐の立場にいるのです。

カテゴリー:今週の説教 - 15/12/23掲載
page_footbar
下の影