レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(2月23日)

説教(2月23日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(2月23日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:天聖経(第12編 第2章 第4節 20.34.46)

20皆さんの生活を整備しなければなりません。軽挙妄動な不義の罪を悔い改めなければなりません。悔い改めなければ、皆さんは、公義の審判を受けることになります。愛のその統治法の前に立つ人はいません。そのときに、先生が弁護士になり、先生の家族、一族が弁護士になり、皆さんを指導する統一教会のすべての人が弁護士になってあげるのです。

神様も、先生も、先生の家庭から指導者までがそのようにすることができ、弁護の範囲が讒訴圏よりも大きくなってこそ、天の民として入籍できるのです。

34今からは、氏族圏が発足するのです。神様が主管するのではなく、皆さんの一族を天国氏族化する時代に入っていきます。ですから、先祖が役事(働き)して、我知らず統一教会に行くようになるのです。春が訪れれば、葉が無理やり生えるのではありません。自然に生えるのです。

ですから、徐々に朝日が昇るその世界が目前に迫ってきたので、解放された姿で、神様の子女の名分を中心として、威風堂々と天地の大主人として闘いに出るのが私たちの義務であり、使命だということを忘れてはいけません。

46天一国は二人が一つになった国ですが、その次に三代を中心として、円一国になります。「円」の字に一つの国です。その次に統一世界、統一の国が現れるのです。天一国、円一国、統一国に発展しなければなりません。三対象目的と四位基台を完成しなければ、円一国になることができません。上下、前後、左右が完全に一つになるのです。

カテゴリー:今週の説教 - 14/02/26掲載
page_footbar
下の影