レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(2月20日)

説教(2月20日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(2月20日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■題目:「天のみ言を絶対的に信じなさい」

■説教:和田康伸 教区長

■御言訓読:民数記(第13章25節-第14章3節)

 四十日の後、彼らはその地を探り終って帰ってきた。
 そして、パランの荒野にあるカデシにいたモーセとアロン、およびイスラエルの人々の全会衆のもとに行って、彼らと全会衆とに復命し、その地のくだものを彼らに見せた。
彼らはモーセに言った、「わたしたちはあなたが、つかわした地へ行きました。そこはまことに乳と蜜の流れている地です。これはそのくだものです。
 
 しかし、その地に住む民は強く、その町々は堅固で非常に大きく、わたしたちはそこにアナクの子孫がいるのを見ました。
 
 またネゲブの地には、アマレクびとが住み、山地にはヘテびと、エブスびと、アモリびとが住み、海べとヨルダンの岸べには、カナンびとが住んでいます」。
そのとき、カレブはモーセの前で、民をしずめて言った、「わたしたちはすぐにのぼって、攻め取りましょう。わたしたちは必ず勝つことができます」。
 
 しかし、彼とともにのぼって行った人々は言った、「わたしたちはその民のところへ攻めのぼることはできません。彼らはわたしたちよりも強いからです」。

 そして彼らはその探った地のことを、イスラエルの人々に悪く言いふらして言った、「わたしたちが行き巡って探った地は、そこに住む者を滅ぼす地です。またその所でわたしたちが見た民はみな背の高い人々です。
 
 わたしたちはまたそこで、ネピリムから出たアナクの子孫ネピリムを見ました。わたしたちには自分が、いなごのように思われ、また彼らにも、そう見えたに違いありません」。

 そこで、会衆はみな声をあげて叫び、民はその夜、泣き明かした。

 またイスラエルの人々はみなモーセとアロンにむかってつぶやき、全会衆は彼らに言った、「ああ、わたしたちはエジプトの国で死んでいたらよかったのに。この荒野で死んでいたらよかったのに。
なにゆえ、主はわたしたちをこの地に連れてきて、つるぎに倒れさせ、またわたしたちの妻子をえじきとされるのであろうか。エジプトに帰る方が、むしろ良いではないか」。

■説教内容

原理講義をする時にいろいろと感じる事があります。特に「人類歴史の終末論」です
その当時、講義をしながら「善悪が交差する」とは既に過去の事ではないかと思っていました。
しかし、ここ1~2年は今がまさしく善悪交差の真っ直中になるのではないか、まさに今が終末ではないかと感じています。

今の日本の政治状況、経済状況、以前は世界第二の経済大国も今は勢いがなくなってきて、最近では中国に抜かれ世界第三位になってしましました。

世界でも性の乱れや、麻薬の使用。私達の身近にある日本の状況、世界の状況、今がまさに終末だと強く感じています。

今、まさしく真のご父母様から貴いみ言、八大教材教本を通して、新しく創造されないといけません。
個人的にも、家庭的にも、国家的にも、終末時代であるほど、もう一度、天から与えられるみ言を信じなければいけません。しかし、み言を信じることは簡単ではありません。

聖書では神様からアダム・エバに「エデンの園のあらゆる木から実を取ってもいいが、園の中央の木からは取って食べてはいけない」というみ言が与えられました。

そこで蛇がエバに「神様が本当に言われましたか?食べても差し支えないかと思いますが?」と誘惑しました。
その時エバの目に写った善悪の木どうだったでしょうか?

聖書には、「食べるには良く、食べるには好ましい」と書かれています。その実は美しかったのです。見ただけで惚れ込み、賢くなるように思われたのです。
エバは、取って食べないと何かもったいないように思えてきて、蛇の言葉の方に魅力を感じてしまい、結局取って食べてしいました。

現実を見るてみると、私達が神様のみ言を信じるとは大変なことです。総会長のみ言は、「真のご父母様を中心として世界がまわる」です。

本当に私達は真のご父母様を中心として見てるのでしょうか?いろいろ現実を見てサタンが言葉を操ります。み言に対する信仰を不信させようとサタンは必ず妨害します。本当にみ言を生命視して行くのが私達にとってとても重要な事です。
 
真のご父母様は言葉に表せないほどに本当に偉大です。命のみ言を与えて下さった事が最大の恩恵です。八大教材教本は私達に与えて下さる最後の物、最後の恩恵であると思います。
このみ言をしっかり握り締めて私が新しく生まれ変わり、私の家庭が新しく生まれ変わり、そして世界が新しく生まれ変わらないといけません。

清平で大母様は、神様は私達人間も見て堕落人間の心はあまりにも変わりやすいといわれます。
一端は信じたが、時間と共に変わってしまいます。私達の信仰は変わっていけない、もし疑いの心があるならそれはサタンの心です。

生涯、神様、真のご父母様を信じていかないといけません。途中で変わるのはいけません。恵みの時も試練の時も変わってはいけないのです。

我々堕落人間は恵みは信じるが試練が来ると不信してしまう。神様を信じ暗闇の中でも希望をもって進む。そのように絶対的に信じる事が私達に必要です。そういう姿を神様が見て私達を信じてくれるのです。

2012年2013年は、もっといろいろな事が起こって来るであろうと思われます。自然現象だけでなく人間の生活の中でいろいろ起こるでしょう。終末時代だからサタンの世界が崩れ去っていく時だからです。

東西ドイツの壁も崩れました。それまでどれだけ多くの犠牲があったか。今、韓半島に38度線が残っています、しかし必ずこの2年の間に超え、南北統一されると思います。
その時に「信じてなかった」ではいけないのです。

真のお父様もみ言を重視されています。今年2月3日(天暦1月1日)も大幅に時間を延長してでも終始一貫し「天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」のみ言を訓読されました。
我々も命のみ言を持って生きていかなければいけません。真のご父母様をしっかり見つめていきましょう。

カテゴリー:今週の説教 - 11/02/24掲載
page_footbar
下の影