レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(2月13日)

説教(2月13日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(2月13日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■題目:「これからは真の父母様 中心に 世界が回る」

■説教:宋 榮錫 総会長

■御言訓読:

イザヤ書(第60章 1節-4節)

起きよ、光を放て。あなたの光が臨み、主の栄光があなたの上にのぼったから。
見よ、暗きは地をおおい、やみはもろもろの民をおおう。しかし、あなたの上には主が朝日のごとくのぼられ、主の栄光があなたの上にあらわれる。

もろもろの国は、あなたの光に来、もろもろの王は、のぼるあなたの輝きに来る。
あなたの目をあげて見まわせ、彼らはみな集まってあなたに来る。あなたの子らは遠くから来、あなたの娘らは、かいなにいだかれて来る。

■説教内容

尊敬する祝福家庭・食口の皆さん!
あけまして おめでとうございます。天基2年 天暦 1月11日最初の聖日です。
この日は今年の中でも新しい一日であり、新年です。それは6千年ぶりに神様の恨が解放された最初の日、最初の年だからです。

2010年は金婚式、万王の王戴冠式、天地人真の父母定着、蕩減復帰歴史 完成・完結・完了と、天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会を通じて、サタンを重病患者室から天宙の外に追放しました。

新天地が目前に迫って来た!

これからは今までサタンが主管しながら、バラバラに引き離された国境やビザ制度も、デモクラシーや選挙制度などを全部燃やしてしまって(風習、習慣、偽り伝統、博物館、図書館)、 神様が望まれる伝統、文化、政治、経済、社会、宗教が、天一国創建とともに樹立されなければならない新しい国、新天地が目前に迫って来ました。

2011年、今からは天一国創建の基礎をつくりながら、起工式、上棟式、竣工式をしなければならない、無限疾走の時代です。

1.地球村祝福で天一国

地球を天一国(地上天国)に、一歩進んで天上天国に作らなければならない使命があります。統一教人は、天一国創建の主役たちです。

神様が喜ぶ地球村祝福(国家祝福時代)時代です。
特に日本統一教は、復帰されたエバ国としてアダム国と一つになり三天使長国を抱きながら世界の中心国としての使命、母国、女王国にならなければなりません。そうなるためには 65億194ヶ国の子女を、皆祝福に導かなければなりません。

2.国家祝福時代の準備 (天一国入籍時代)

世界194ヶ国が皆天一国に入籍しなければなりません。皆が二重国籍を持つことができれば良いでしょう。
これからは少なくとも2ヶ国以上の専門家にならなければなりません。

3.八大教材教本に侍らなければいけない

日本国民は4千900万の世帯です。4千900万の世帯が、これから神様に侍らなければなりません。
日本は八大教材教本(神様の至聖所)に侍ることで、終末時代の審判(災い)を兔れる事ができます。八大教材教本(天福函)に侍る者は神様の王子王女となり、審判を避けることができる祝福中心家庭になることができます。
祝福家庭は現代の義人たちです。義人とはどのような人が義人でしょうか?

ソドム・ゴモラには義人50人、いや5人すらいなくて、硫黄の火によって審判を受けました。
ソドム・ゴモラの義人は誰でしたか? 快楽に染まらない純潔な人々でした。当時、豊かなソドム・ゴモラは快楽の王国でした。快楽に染まらない5人がいなかったために、神様は火の審判をしました。

それでは今日の義人は誰ですか?快楽に染まらないで、そこで浮気をするようにならない祝福家庭たちがまさに義人です。
神様は純潔な人々を愛します。保護します。祝福されます。審判から除外させます。淘汰されません。

現在の地震の国・日本が、世界のいたる所で地震、火山、津波で大騷ぎをしているけれども、日本が揺るぎなく滅びないのは、快楽に染まらない統一教の祝福家庭の純潔が、日本を災いから避けるようにした大きな原因なのです。?

ニネベ城を神様が審判するとヨナに語られましたが、ニネベに暮している王と臣下と民たちは灰の上で粗布を着て悔い改めた時、神様は審判をやめました。私たちは、この二つの事件を念頭において、賢い判断をしなければなりません。

4.日本は神様の一線であり サタンの一線

韓国の38度線が神様(善)の一線、サタン(悪)の一線であるように、日本エバ国も神様の一線でありサタンの一線なので、あらゆる悪魔サタンが日本に浸透し、統一教をあらゆる中傷、謀略により殺そうとしているのです。

50年の間、日本統一教の祝福家庭は対立して闘ってきたのです。その強い雨風に当たりながらも、世界救援のために争って来ました。

5.日本国民は正直で 読書好きで 思いやりの精神が最高

神様が日本を(復帰された)エバ国として選択し、将来日本民族を育てて世界の息子娘たちを教育させ、天民として作るための作戦なのです。
それで日本において統一教が盛んになっているのです。これが悔しくて反対・迫害をするのですが、これからはそれも終わりました。

2010年天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会を、ワシントン・ニューヨーク大会、フーバーダム・ラスベガス大会、ソウル韓国大会を通じて、サタンを天宙の外まで追い出しました。今は罪悪の歴史が終わって新しい国・新天地、善の歴史天一国が、この地に成就していく時です。

結論:世界は真の父母様 中心に回る

国家祝福時代。
天福函に侍る。
世界65億の人類を皆、祝福させなければならない。
そして教育させなければならない。
その責任を母国が先頭に立たなければならない。

2011年は今までのどの時よりも忙しい。
今までより、10~20倍も忙しい時代。
腰のベルトを締めて、天一国建設の現場(世界)へ出ていこう。
全力投球、死に物狂いの道を行かなければならない。
2013年1月13日 起源節まで、家庭ごとに八大教材教本(至聖所)に侍らなければいけない。
アージュ!

カテゴリー:今週の説教 - 11/02/14掲載
page_footbar
下の影