レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(11月24日)

説教(11月24日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(11月24日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■題目:我々と共におられる天地人真の父母様

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:天聖経(第8編 第1章 第1節 25-26 P817-818)

26皆さんの善し悪しが問題ではなく、皆さん自身が神様のみ前に順応できる絶対的な信仰をもっていけるのか、ということが問題です。

実績をもてずにいれば、希望だけでももちなさいというのです。希望をもつためには、絶対信仰をもつことはもちろん、実践的過程を築いていかなければなりません。

先生は、この地上の男性を代表し、誰よりも厳しい闘争の歴史を経ていかなければなりません。先生は、霊界と肉界から公認される権限をもって現れましたが、皆さんはそうではありません。実績がなければ、信仰で越えればいいのです。

その信仰は、どんな信仰でなければならないのでしょうか。自分が好む信仰ではいけません。そのような信仰では、志を成就したとしても自分だけが喜ぶ志なので、神様が喜びません。

自分の思いどおりにしたことは、やればやるほど神様からも、先生からも遠ざかるのです。「自分が好きだからやるのであって、嫌ならしない」と言ってはいけません。神様がお喜びにならなければなりません。問題はここにあります。先生自身もそうです。ですから、自分が実践的な生活ができなくても、絶対に信じなさいというのです。信じればよいのです。

25永遠に自分が自分を信じ、自分が自分自身を望みとして、自分が自分自身を愛しながら、「神様、私の愛をお受けください。神様、私の希望を御覧になってお喜びください。神様、私の信仰を御覧になってお喜びください」という時、神様が「分かった!」と言うことができなければなりません。

信仰を立てた目的がそれであり、希望を探す目的がそれであり、愛を慕わしく思う目的がそれなので、そのようになれば、そこで主に相まみえるようになります。そうして、その主と共に暮らすのです。

カテゴリー:今週の説教 - 13/11/28掲載
page_footbar
下の影