レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(10月19日)

説教(10月19日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(10月19日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■題目:祝福の伝統と万人救済

■説教者:佐野邦雄 局長

■御言訓読:天聖経(第5編「真の家庭」 第2章 第2節 22、25)

22先生の生涯で最も貴いと考えたものが何だったかというと、祝福でした。皆さんにとっても、有史以来、最高の贈り物は祝福です。神様の祝福を受けた者は、神様の代身者です。したがって、皆さんが祝福を受ければ、家庭を備えてサタンを屈服させなければなりません。サタンを審判しなければならないというのです。その次には、四位基台を復帰して勝利的な主管者にならなければなりません。

祝福を受ける人たちの姿勢

25祝福は、天地で最も貴いものです。同時に、極めて恐ろしいものです。もし夫婦が、互いに他のことを考えるとすれば、相手を蹂躙することです。皆さんから善の先祖、地、国が生じるのです。ですから、祝福を受けた人は、目を開けさえすれば、天地を考えなければなりません。祝福は、人に福を分けてあげるためのものです。夫婦は、お互いに心の母、父にならなければなりません。世の中の人たちが、「私たちもあなたたちの家庭のような家庭をつくりたい」と言うようにしなければならないのです。

カテゴリー:今週の説教 - 14/10/22掲載
page_footbar
下の影