レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(1月26日)

説教(1月26日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(1月26日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:天聖経(第9編 第1章 第2節 16.17.19)

16二十四時間、全体のみ旨が成し遂げられることを願いながら、その場に行こうと努力しながら祈る人、そのような祈りの心をもって努力する人は、祈りを生活化した祈祷者として神様に到達できるのです。そうなれば、先生と共に暮らすことができ、神様と共に暮らすことができるのです。

神様が直接干渉するのです。直接主管圏内に入ります。原理がそのようになっているのです。そのため、皆さんが家庭教会活動をすれば、神様に出会えます。生きた神様を知ることによって、神様のみ旨が成し遂げられることを体験しなければなりません。

17そのため、皆さんは、統一教会を中心として、真の父母様を中心として完全に一つにならなければなりません。愛の心が何より先立たなければなりません。先生が真の父母なので、長成期完成級以上の基準、直接主管圏内の基準に進めなかった皆さんを、今から連結させるのです。連結させるための条件的基盤が家庭教会です。

19「天国が私の心と体にある」と言える人にならなければ、環境天国をもてません。家庭教会は、環境を中心とした天国を意味します。家庭教会の基地はどういうものでしょうか。家庭教会の基地が、皆さんの天国として許されるのです。環境とは、家庭教会を中心として国と世界が連絡されたものなのです。

カテゴリー:今週の説教 - 14/01/29掲載
page_footbar
下の影