レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(8月11日)

説教(8月11日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(8月11日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■題目:今こそ天に宝を貯える時である

■説教者:和田康伸 教区長

■御言訓読:

◆ルカによる福音書(第19章37節~40節)

 いよいよオリブ山の下り道あたりに近づかれると、大ぜいの弟子たちはみな喜んで、彼らが見たすべての力あるみわざについて、声高らかに神をさんびして言いはじめた、「主の御名によってきたる王に、祝福あれ。天には平和、いと高きところには栄光あれ」。
 ところが、群衆の中にいたあるパリサイ人たちがイエスに言った、「先生、あなたの弟子たちをおしかり下さい」。答えて言われた、「あなたがたに言うが、もしこの人たちが黙れば、石が叫ぶであろう」。

◆マタイによる福音書(第6章19節~21節)

 あなたがたは自分のために、虫が食い、さびがつき、また、盗人らが押し入って盗み出すような地上に、宝をたくわえてはならない。むしろ自分のため、虫も食わず、さびもつかず、また、盗人らが押し入って盗み出すこともない天に、宝をたくわえなさい。
 あなたの宝のある所には、心もあるからである。

カテゴリー:今週の説教 - 13/08/13掲載
page_footbar
下の影