レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(5月25日)

説教(5月25日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(5月25日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:天聖経(第8編 第2章 第1節 24.30.38)

24信仰生活をするにおいて、三つだけすれば、勝利は決定するようになっています。問題は、どれくらい持ちこたえられるかということです。数十年行くのか、でなければ数年行くのかということは、皆さんの努力と持久力に左右されます。

 第一に、「理念において制覇しなさい」、第二に、「精誠と忠誠において誰よりも先頭に立ちなさい」、第三に、「善の行いにおいて先頭に立ちなさい」というものです。この三つだけ実践すれば、今後の勝利は既に決定されているのと同じです。結果は持ちこたえる力と期間、そして努力によって左右されます。勝利を得るのは、皆さんの努力いかんによって、七年が五年に短縮されることもあり、一年に短縮されることもあり得るのです。

30心で祈り、すべての面で戒律を立て、天に向かって訴える祈りは成就するようになっています。今日の祈る人たちのような祈りを数十年したところで、成就しません。真の愛の心情をもって、約束する位置で祈りを捧げなければなりません。
一度祈って三十年、四十年待てる、切実な心をもたなければならないのです。三十年、四十年過ぎても忘れない、切実な思いで祈って待ってみるのです。成就するというのです。多くの祈りは必要ありません。

38統一教会自体を見ると、神様のみ旨と、先生のみ旨と、皆さんのみ旨が一致しなければなりません。まず、そのようにならなければならないのです。そのあとに方向を定め、条件物を提示しなければなりません。それが一致しなければ、いくら時が熟したとしても、み旨の成就は絶対に不可能です。祖父母、父母、自分、三代が合わさって、一つの祭物と同じ立場に立たなければなりません。宇宙史的な全体を中心として見るとき、一つになる道しかないのです。

カテゴリー:今週の説教 - 14/05/28掲載
page_footbar
下の影