レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(2017年8月20日)

説教(2017年8月20日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(2017年8月20日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:真の父母経(第7編 第1章 第3節 29)

29お父様は、りんご一つを握り締めて本当に感謝したことがあります。共産圏の監獄にいた時のことです。一年に二回、五月一日と一月一日には果物をくれます。

りんごが一つ配給されるのですが、自分で良い物を選ぶのではなく、順番に分けてくれるのをもらうのです。虫食いの物でも、どんな物でも、ただ配給してくれる物を受け取らなければなりません。りんごを分けてもらうと、普通の人たちは受け取るなりむしゃむしゃと、一分もかからずにすべて食べてしまいます。

 しかし、お父様は、「この色は、どれほどきれいなのだろう!この色を味わおう」と考えました。そして、「色を味わい、それから味を味わってみよう」と考えました。そうすると、口を開けて食べようという思いが湧かないのです。食べずに取っておいてこそ、目の保養にもなり、匂いも嗅いだりできるので、食べようという思いをもつ自分になれないことを感じました。

 かといって、それを持って行き来するような状況でもありません。ですから、食べることは食べるのですが、食べる時は、神様のみ前に祈りながら、「りんごを食べますが、私が世界で最初にこのような思いをもって食べます」という自負心をもって食べたことがありました。

カテゴリー:今週の説教 - 17/08/23掲載
page_footbar
下の影