レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(2017年1月8日)

説教(2017年1月8日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(2017年1月8日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:真の父母経

<第1編 第1章 第2節 42>
42イエス様は、アダム家庭で失敗したことを、国家的に復帰しようとLました。しかし、イスラエル民族がイエス様の命を奪ったため、国家的カイン・アベルが現れ、それが世界にまで連結されたのです。イエス様は、国家基準を越えられなかったので、恨を抱いて逝きました。

 そうして、イエス様は、国なき霊的開発の哨所(しょうしょ:先鋒の施設)として現れるようになりました。母なる神である聖霊は、体がありません。ですから、油のような聖霊、水のような聖霊、風のような聖霊として、すべての人々に感動を与え、体をまとうことができる新婦創造の役事をしてきたのです。
 そうして、お父様の時代になって、世界的基準でお母様を立てました。それにより、地上で実体圏解放まで成し遂げられたのです。

<第1編 第1章 第3節 3>
3真の父母は、救世主です。世の中を救ってあげなければなりません。偽りの父母が偽りの愛によって世の中を生み出したので、世の中を救うには、真の父母の真の愛によって救わなければなりません。

 真の父母は、世の中の救世主の王です。真の父母はメシヤの王です。真の父母は、旧約時代、新約時代、成約時代の王です。真の父母は、見えない神様を身代わりする実体です。真の父母は、神様のために生まれたというのです。自分のためではありません。神様も、真の父母のために存在します。真の父母も神様も、真の愛によって一つになるのです。

カテゴリー:今週の説教 - 17/01/10掲載
page_footbar
下の影