レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(2015年9月13日)

説教(2015年9月13日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(2015年9月13日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:■真の父母経(第4編 祝福結婚による人類救援 第3章 第3節 4)

4信仰の道は一人では行けません。信仰の同志が必要です。三人以上が一つにならなければなりません。ですから、三位基台が必要なのです。人間の性稟の主体であられる神様も、三つの基準を望んでいらっしゃいます。神様は、人間が過ちを犯したとしても、直接教えることはできません。縦的には教えることはできませんが、三人が一つになっていれば、一人が誤ったとしても、二人が誤らなければ、その人の過ちを教えてあげられるのです。

 山での祈りも、三人以上が共にしてこそ恩恵が早く降りてきます。祈ったあとには、自分たち同士で互いに話し合わなければなりません。他の人と話し合えばサタンが侵犯します。三人が心から信頼し合える美しい姿を備えるようになれば、それを見て、周囲の人々が羨ましく思うようになり、そのようになれば、神様のみ旨は自然と繁殖するのです。神様が助けてあげなくても、三人が一つになれば、そこから新芽が生えるようになるのです。食口と接するときは、その人を傷つけないように注意し、信仰生活の助けにならない話をしてはいけません。

カテゴリー:今週の説教 - 15/09/15掲載
page_footbar
下の影