レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(2015年10月4日)

説教(2015年10月4日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(2015年10月4日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:■真の父母経(第7編 第3章 第6節 25)

25世界各国が方向を失ったとき、お父様が中心になって、昼夜なく行くべき方向を開拓してきました。お父様が蕩減の道を経てくる時には、自分という意識がありませんでした。イエス様も十字架に釘打たれたとき、自分という意識がありませんでした。イエス様は、ローマに対して「自分たちの犯した罪が分からずにいるので、赦してほしい」と祈ったのです。そのようにして、未来にローマを占領できる条件を立てたのです。お父様も同じです。

日本の監獄、北朝鮮の監獄、韓国の監獄、アメリカの監獄まですべて通過してきましたが、そのたびに忘れなかったのは、愛の綱を切ってはいけないということでした。獄中にまでも、愛の綱を引き入れたのです。

電線はどこを通ろうとも、それを連結すれば、発電所の電気が切れない限り、電気がつくようになっています。神様の愛の電気も、電線さえ連結されていれば、どこでも電気がつくようになっているというのです。皆さんもそこに連結されれば、その電気によって復活すると同時に、新しい生命を得ることができます。

 このように、はっきりとした希望の道があるというのです。それが私たちの幸福です。そうして、十字架の道を笑って越えていく立派な人間になるとき、サタンは後ろを振り返ることもなく、逃げ出していくというのです。このような人になるとき、復帰完成という結論が出てくるのです。

カテゴリー:今週の説教 - 15/10/06掲載
page_footbar
下の影