レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(11月18日)

説教(11月18日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(11月18日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■題目:祈りと信仰

■説教者:和田康伸 教区長

■御言訓読:創立以前の内的教会史(「み旨と世界」P608)

 先生は共産陣営のみならず、自由主義の韓国においてさえ、刑務所生活を体験しました。西大門刑務所に行ったその日のことは、永遠に忘れることができないでしょう。その日、刑務所に引かれていく時、一人の教会から去ったかつての食口が先生に駆け寄ってきて、侮蔑に満ちた嘲笑を浮かべながら言ったのです。

「あんたはまだそんな馬鹿なことをやっているのかい、俺のように早く卒業することだな」と……。先生は永遠にその男のことを忘れることはできません。一言も語らず黙然として彼の前を引かれていきましたが、心の中で神に向かって叫びました。「神よ、今こそあなたの義と、私のあなたに対する従順を証させ給え」と。

 このようなことを一度ならず幾度となく味わってきたのですから、目を閉じて祈り始めると、いつも涙を止めることができずに痛哭する先生です。神のそういう悲しい内情がよく分かるからです。そして同じ事情を味わい、その心情を知ればこそ、そういう神の心情を誰よりも慰めることができるのです。親はもちろんのこと、妻も子供も分かってはくれない、一人として理解する者もない、そういう時こそ、孤独なる神の友となることができるのです。

カテゴリー:今週の説教 - 12/11/21掲載
page_footbar
下の影