レイアウト調整
page_footbar

HOME » 今週の説教 » 説教(10月20日)

説教(10月20日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 説教(10月20日)
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

■題目:神様の目から何が見えるのか

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:天聖経(第2編 第4章 第5節 13 P235-236)

真の父母の心情圏を相続しよう

13皆さんが神様の愛をもつためには、神様の生命を根本にしなければなりません。そのようにしなければ、神様の愛が受けられません。神様の生命をもつようになれば恩恵があります。神様の生命を土台にする人にならなければ、神様の愛を受けることができません。皆さんは、その恩恵を受けなければならないのです。

恩恵の表示は、幻想や夢のようなものによって現れます。皆さんは、実体の神様の立場にある真の父母が慕わしくて、泣かなければなりません。しきりに会いたいと思わなければなりません。御飯を一膳炊いておき、水を一杯くんでおいて侍りたいと思わなければなりません。

そのような、切実な心をもたなければなりません。涙が先立つ心情をもっていればよいのです。そうすれば、先生を中心として、皆さんの心情一致がなされ、先生と共に呼吸することによって、先生の人格基準と、その背景となる先生の過去と、過去に絡まった事情がどうなっているのかを知るようになり、さらにはそれを相続し、引き継ぐことができます。

カテゴリー:今週の説教 - 13/10/23掲載
page_footbar
下の影