レイアウト調整

今週の説教

HOME » 今週の説教

レイアウト調整

説教(2017年7月2日)

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:天聖経(第12編 第3章 第4節 1.2)

1「心情」は、「心の情」と奮きます。心の情がある所は、どこでも心情圏に属するのです。神様が人間を造ったので、神様の心情の流れが既にそこに内的に連結されているのです。
神様の愛の電気が通じるのが心情圏です。心情圏に対する体恤とは、その電気を「ああ!」と感じることです。心情体恤はどれほど強いかを感じることなのです。良いかどうかを感じるのです。心情圏というのは、すべてのものが通じる内容をもっています。この心情圏に属さないものはないというのは、どこであろうと心情的電気が通じるということです。

2母親が自分の赤ん坊を生んだとしても、隣村の乞食、もしくは貧民の息子、娘がお乳を飲めずにいれば、彼らに自分の息子、娘のようにお乳を飲ませてあげてこそ、心情が生じるのです。心情とは、そのようなものです。自分の息子、娘のように愛することができ、世界を越えてでもその愛を実践してこそ、心情の世界が訪れます。情の世界が訪れるのです。

 村に数多くの息子、娘が生まれれば、彼らを自分の息子、娘よりもっと愛することができ、自分の息子、娘を愛したのと同じ心情をもってこそ、心情の世界、解放の世界、神様が訪ねてくることのできる世界になるというのです。彼らを同じ体のように愛さなければなりません。

カテゴリー:今週の説教 - 17/07/05掲載

説教(2017年6月25日)

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:真の父母経(第5編 第2章 第5節 17)

17皆さんの心で、愛の鐘の音を聞きなさいというのです。そのようになれば、「私の口は愛の言葉だけを語るようになっていて、そうでない言葉は語らないようになっている」と言うようになるでしょう。愛の言葉でないものは、耳が聞かないようにし、愛でないものは目が見ないようにするのを感じなければなりません。

 そのように生きれば、間違いなく皆さんは、遠からず神様の愛に酔うことができる境地に入るでしょう。霊界と直接通じ、家庭教会に関する難しい問題を、上手に、無意識のうちに、たやすくすべて解放できる主人公になります。360家庭のどんな問題でもすべて解決できる、神様を身代わりする主人になるでしょう。

 私がそのような愛の場に入っていけば、話をしないようにしようとしても、言葉が出てきます。本当に不思議なことがたくさん起こります。ありとあらゆることが起こるのです。自分が恐ろしい人であることを感じるようになります。このように、愛において、すべてのことが決定されるのです。

カテゴリー:今週の説教 - 17/06/27掲載

説教(2017年6月18日)

■説教者:堀 正一 教区長

■御言訓読:真の父母経(第8編 第4章 第1節 8.15)

8世界情勢を見れば、今の時代は太平洋時代に差し掛かっています。河川文化圏から地中海文化圏、そして、大西洋文化圏から太平洋文化圏時代に移動してきているのです。大西洋文化圏時代から太平洋文化圏時代に移動してくるのですが、ここで「主役をしよう」と言って出てきているのが、ロシアとアメリカです。

 しかし、これから世界を指導するためには、アジア人を消化しなければなりません。それができなければ、世界を指導できないのです。アジアの人口が、世界の人口のうちで五分の三を超えます。ですから、アジア人を消化できない主義は、世界をリードできません。

15東西文明が交流できる時代圏を迎えて、アジア文明を中心として西欧文明を消化できる文化圏を形成することにより、西欧文明とアジア文明が交流できるようにしなければなりません。東洋と西洋の文明の一つが男性であれば、もう一つは女性です。また、一つは精神文化圏であり、一つは物質文化圏です。

二つの文化が一つになってこそ、世界的な新しい統一文化圏時代が訪れるので、そこに拍子を合わせて生活を営むためには、内外の民族同士が一つにならなければなりません。物質文明を代表する西欧文明と、精神文明を代表するアジア文明が、互いに一つにならなければならないというのです。一つになりなさいというその命令は、私がします。実際にそのような世界文明圏をつくってみようというのが、統一教会が今まで活動してきた方向です。

カテゴリー:今週の説教 - 17/06/21掲載

説教(2017年6月4日)

■題目:家庭連合の時代精神

■説教者:吉澤正紀 副教会長

■御言訓読:

■天聖経(第13編 第1章 第2節 P1390)

「人類が一つの家族となり、お互いに心の壁を崩し、天宙的次元で国家間の国境までも除去しようという共生共栄共義社会の実現運動も、このように一つの家庭から始まるのです。したがって、私たちが真の家庭を探し立てることは、この地において天宙平和王国創建を早める摂理的召命である、ということを肝に銘じなければなりません。アーヂュ !」

■「希望の大韓民国!大国民和合統一前進大会」での真のお母様のみ言(2017.4.30)

「無知には完成はあり得ません。知らなければなりません。真の父母は聖婚以来50年間、皆さんを教育し、世界万民を教育しました。しかし、世界人類は1960年に比べてその時は30億でしたが、74億になりました。皆さん! 人類の未来に希望が見えますか?それは皆さんを持ってしてはできません。真の父母と一つになって出ていくとき、人類の未来があるのです。アーヂュ!」

カテゴリー:今週の説教 - 17/06/06掲載

説教(2017年5月28日)

■題目:孝情の真の意味を訪ねて

■説教者:徳野英治 会長

■御言訓読:
○ヨハネによる福音書/ 21章 14節~17節

イエスが死人の中からよみがえったのち、弟子たちにあらわれたのは、これで既に三度目である。
彼らが食事をすませると、イエスはシモン・ペテロに言われた、「ヨハネの子シモンよ、あなたはこの人たちが愛する以上に、わたしを愛するか」。ペテロは言った、「主よ、そうです。わたしがあなたを愛することは、あなたがご存じです」。イエスは彼に「わたしの小羊を養いなさい」と言われた。

またもう一度彼に言われた、「ヨハネの子シモンよ、わたしを愛するか」。彼はイエスに言った、「主よ、そうです。わたしがあなたを愛することは、あなたがご存じです」。イエスは彼に言われた、「わたしの羊を飼いなさい」。

イエスは三度目に言われた、「ヨハネの子シモンよ、わたしを愛するか」。ペテロは「わたしを愛するか」とイエスが三度も言われたので、心をいためてイエスに言った、「主よ、あなたはすべてをご存じです。わたしがあなたを愛していることは、おわかりになっています」。イエスは彼に言われた、「わたしの羊を養いなさい。

○「神様の祖国と天一国王権時代」 2003年2月5日 ソウル・ロッテホテル

神様が保護することのできる理想の国で死ななければならないのではないか。私がそのように生きていくことができなければ、私の生涯は悲惨な生涯ではないか。だから死ぬ前にその国を取り戻して、一日でもそこで暮らしてからいかなければならない”というのが私の一生の願いです。

カテゴリー:今週の説教 - 17/05/30掲載
レイアウト調整

page_footbar
レイアウト調整
下の影